Discussion / Diversity 様々なライフステージの女性対談

SUMCOで女性が働くということ。
仕事、暮らし、結婚、出産のリアル

1 2 3

産休に対する周りの理解

尾崎永島さんは、ご結婚されているんですか。 永島はい。結婚したのは、2013年です。5年経ちました。夫は神奈川に住んでいて、私が単身赴任している状態です。 宮崎私が結婚したのは確か(笑)、1991年。社内結婚で、夫は伊万里にいます。
尾崎あ、お顔は知っています。 宮崎住まいはずっと、鹿島市です。子どもは92年と97年生まれの2人で、上の子は男で、下の子が女です。長男の出産では、育休制度はまだありませんでした。当時は出産で辞められる方も多かったですけど、私自身は仕事を続けようと思っていました。私の場合は義母と同居で、最初から子どもの面倒は見るよと言ってくれたので、その点は助かりましたね。その時の法規制に従って、産後8週間で仕事に復帰しました。 永島今みたいに制度は整っていなかったでしょうし、大変だったんじゃないですか? 宮崎短時間勤務などの制度もありませんでしたので、義母に1年間見てもらったあとは、社外の託児所に預けました。ですから、熱を出したりした時は、早退して迎えに行くこともありました。上司に恵まれましたし、周りの理解もあったので、そんなに後ろめたい気持ちになったりはしませんでしたね。夫も同じ会社ですから、どちらかが行くような感じです。 尾崎お二人目の時は、多少変わりましたか? 宮崎娘は最初から託児所ですから、だいたい夫が送っていって私が迎えに行くパターンでした。育休は制度自体はできていたような気もしますが、私は利用していません。でも、今の若い人たちはみんな、1年くらい育休を取ってるんじゃないでしょうか。

女性が働きやすいSUMCO

尾崎やっぱり、結婚、出産ということを考えると、今のまま仕事を続けていけるかどうかというのは不安になるので、周りの方が育休とか、短時間勤務で、お子さんを育てていらっしゃるのを実際に見ると心強いですね。そういう意味でも、SUMCOは女性にとっても働きやすい職場だと感じますけど、永島さんはいかがですか? 永島仕事に関していえば、女性だからこの仕事はさせないというのは一切ないので、すごく恵まれています。上司も、男性と女性という区別を一切しません。それから、アメリカにも行かせてもらえましたし。

結婚直後のアメリカ出向

尾崎アメリカで、何をされていたんですか? 永島アリゾナ州にあるSUMCO Phoenix Corporationという子会社の、経理を担当するために行きました。私は2014年から約2年間でしたが、この会社には、常に誰かが駐在して2年から5年くらいで入れ替わる感じです。日本とアメリカでは、会計制度自体に微妙な違いがありますので大変でしたね。 尾崎その時はもう、ご結婚されていたんですか? 永島行きたいとずっと手を挙げていたんですが、結婚してすぐの時期に辞令が出ました(笑)。タイミングがタイミングなので、あら〜という感じでしたけど、楽しかったし、行かせていただけてよかったと思っています。 尾崎それからずっと、別居されているわけですね。 永島はい。ただ、海外への単身赴任の場合、帰国費用は半年に1回出ますし、現在も毎月1回帰省費用も出るので、夫とは会えています。もちろん、できるだけ早く、一緒に暮らしたいとは思っていますよ。 尾崎私は、漠然と30歳までには結婚したいなと思ってはいますが、正直、そんなに先までイメージしていないですね。今はもう、仕事仕事、って感じです。でもSUMCOなら、結婚して子どもができても仕事をしていけそうだなというイメージはありますし、できれば続けて行きたいと思います。
1 2 3


Entry

エントリーはこちらよりお願いいたします