Role Model / Diversity ライフステージに応じた働き方を考える

SUMCOは、育休や時短などの制度を使います、
と手を挙げやすい環境だと感じます。

生産管理部
物流管理課
山本 萌絵 法学部 法律学科卒 2017年度入社

※ 所属部署、掲載内容は取材当時のものです。

私の現在の仕事は、製品の海外輸送に関する業務を行っており、いかに製品の品質を保ちながら、効率よく運ぶかを、フォワーダー(国際輸送を取り扱う貨物利用運送事業者)の選定や教育、輸送ルートの選定などを通して日々改善しています。

海外輸送業務の企画・改善を担当

SUMCOが製造するシリコンウェーハはとても繊細な製品で、輸送中に少し揺れただけでも品質に影響を与えることがあります。良い品質を保ったままお客さまのもとに届けることが大前提。その上で、営業をはじめとする他部署やフォワーダーと相談しながら、輸送手段・ルート・梱包仕様など様々な点で輸送コスト・品質について考えています。
大学では法律を学んでおり、SUMCOを知るまではシリコンウェーハという言葉を聞いたことがありませんでした。ただ、文系でBtoBのメーカーを志望する以上、どの業界に行っても知識がないのは同じ。知らない世界へ入ることに、特別不安は感じませんでした。実際、新入社員研修や製造現場実習、さらにOJTなどを通じて、シリコンウェーハに関する専門用語や物流の仕組みなどは、なんとか理解できるようになりました。
社内・社外のさまざまな方々とかかわる部署なので、これからはさらに担当である物流の知識を身に着けて、物流のプロとしてやりとりできるようになることが当面の目標です。先日、同期から「どういう仕事をしているのか」と訊かれ、とりあえず相手が理解できるように説明できた時は、自分でも仕事のことが多少わかってきたんだなと自覚できて、うれしかったですね。
海外販社やお客さまとのやりとりでは英語が必須なので、これまで得意ではありませんでしたが、会社の研修制度の1つである英会話教育を通して、力をつけていきたいと考えています。

ダイバーシティは就活の判断基準の一つ

就職活動の際、制度としてのダイバーシティ、女性が働きやすい仕組みがあるかどうかは、判断の基準にしていました。しかし、制度はあっても使いやすいかどうかは、おそらく社風に左右されます。現在私の周りに、子育て真っ最中の方はいませんが、採用活動の時に感じた雰囲気からは、SUMCOは、育休や時短などの制度を使います、と手を挙げやすい環境だと感じます。
私も、結婚や出産については、いつかはしたいという気持ちがあります。結婚・出産を経て今も勤務されている先輩方もいらっしゃいますし、会社の制度を利用しながら、家庭を持っても働き続けていきたいと思っています。

Role Model / Diversity

ライフステージに応じた働き方を考える


Entry

エントリーはこちらよりお願いいたします