Voices / Office Work 仕事の醍醐味(事務系)

人々の生活になくてはならないものを支えている影のヒーローであるところが、SUMCOの魅力です。

人事労政部 能力開発課 水関 琴望 外国語学部 英米語学科 2015年度入社

※ 所属部署、掲載内容は取材当時のものです。

Career Path 入社してからのキャリアパス

2015年4月~
入社、導入研修、製造現場実習
2015年7月~
人事労政部 能力開発課

Q就職活動の際にどのような業界・職種を見ていましたか?
また企業選びに当たって、大切にしていた観点を教えてください。

旅行業界、食品業界、半導体・電子部品業界を中心に見ていました。旅行業界、食品業界については留学帰りであったので周りより少し就職活動開始時期が遅れていた為、焦って自分の就職の軸と離れたところを見てしまっていました。

企業選びについて大切にしていたことは、世界中の人々にとって“縁の下の力持ち”である存在かということと、人があってこその会社だと思っているので、人の雰囲気を重視していました。

QSUMCOへの「入社の決め手」はなんでしたか?

自分の就職活動の軸としていた、縁の下の力持ち企業であることと、人事面接から最終面接までに関わった方々が、一緒に働きたいと思える人であったことが決め手です。

Q入社前のSUMCOのイメージは?入社後にギャップはありましたか?

良い意味でありません。入社前に感じた社員の人々の温かさは今でも感じます。大きな会社ですが、役員含め距離が近い会社だと感じています。

Q現在はどんな仕事をしていますか?

新卒の採用と社員教育全般を担当しています。

Q御自身にとって、SUMCOの魅力はなんですか?

社会貢献度の高さだと思っています。極端な話にはなりますが、SUMCOがなくなってしまえば、当たり前のように使っているスマートフォンや、パソコン、テレビ等は作れなくなってしまいます。人々の生活になくてはならないものを支えている影のヒーローであるところが大きな魅力だと感じています。
そして人、雰囲気の良さも魅力。若手に大きな仕事を与えてくれ、育てようとしてくれています。ただ仕事を与えて任せっきり、というわけではなく、サポートしつつ、自分で考える時間を与えてくれるところです。

Qどのような時に仕事のやりがいを感じますか?

採用活動における企業説明会の際、私が説明員となっていた説明会をきっかけにして、学生がSUMCOに応募してくれて、最終的には入社を決めてくれたときに、とてもやりがいを感じました。

Q職場の雰囲気を教えてください。

分からないことはなんでも聞ける和気あいあいとした雰囲気の職場である一方、ただ、だらだらと仕事をしているような、のほほんとした雰囲気ではないと感じています。

Q今後の社会人生活の中で、実現したい夢や目標を教えてください。

SUMCOの魅力をもっと多くの学生に伝いたいということです。

Q学生時代の研究・勉強はどんなところで役立っていますか。

学生生活中では外国語大学ということもあり、様々な国の人と関わることが多く、国が変われば文化も変わるので、それぞれを認め、向き合うことが大切だと思いました。その個々を認め、向き合うということは、今の採用活動でも役立っていると思います。一人ひとりの学生にそれぞれのバックグラウンドがあり、考え方も違って当たり前なので、自分のものさしだけで人を見る、ということはしないようにしています。

Schedule ある日のスケジュール

8:00少し早めに出社し、メールチェック
9:00インターンシップの内容打合せ
10:00英会話レッスン(入社後3年目まで必須受講)
12:00昼食
13:00課内ミーティング(業務の進捗報告)
15:00採用業者との打合せ
16:00会社説明資料作成
17:00明日のやることリスト作成
18:00退社

Q退社後や休日はどのように過ごしていますか。

同期と飲み会、インスタ映えするカフェ巡りをしたり、有給休暇をとって海外旅行や国内旅行に行ったりしています。GWはグアムへ、9月には金沢へ旅行に行きました。

Q就職活動をしている学生さんに一言お願いします。

就職活動の最初の段階においては色々な業界・業種を視野に入れることが大事だと思います。世の中には色々な企業がたくさんあるのに、「これ一本!」と業界や職種を最初から絞ってしまうと、本当に勿体無いと思います。色々な企業を見た上で、最終的に業界や業種を絞り、周りに流されず、自分が納得するまで就職活動を続けてください。

Voices / Office Work

仕事の醍醐味(事務系)


Entry

エントリーはこちらよりお願いいたします