Voices / Office Work 仕事の醍醐味(事務系)

社員は少数ながらも、世界の半導体産業を支える企業に身を置いているので、一人当たりの責任は大きい。

経理部 佐賀経理課 宮脇 知志 経済学部 経営学科 2014年度入社

※ 所属部署、掲載内容は取材当時のものです。

Career Path 入社してからのキャリアパス

2014年4月
入社、導入研修、製造現場実習
2014年7月~
経理部佐賀経理課配属

Q就職活動の際にどのような業界・職種を見ていましたか?
また企業選びに当たって、大切にしていた観点を教えてください。

BtoBメーカー(素材・部品)を中心に見ていました。具体的には、日本の強みであるものづくり、製造業を根底から支えたいという観点と、一方で、説明会・選考の際に感じる会社や社員の雰囲気も重視していました。

QSUMCOへの「入社の決め手」はなんでしたか?

最終面接時に社長(現・会長)含めた役員の方々とフランクに対話できたことと、良い意味で、会社規模との雰囲気のギャップを感じた点です。

Q入社前のSUMCOのイメージは?入社後にギャップはありましたか?

学生(選考~入社)や社員一人一人に対するフォローが手厚いというイメージを持っていて、入社後は、大企業にも関わらず、役員や上層部との距離が意外と近いと感じています。

Q現在はどんな仕事をしていますか?

工場の原価計算、業績取り纏めや、営業向けに販売価格見積用の原価計算、副産物評価計算(四半期決算時)などを行っています。

Q御自身にとって、SUMCOの魅力はなんですか?

社員は少数ながらも、世界の半導体産業を支える企業に身を置いていると考えると、一人当たりの責任はかなり大きく、誇りだと思っています。

Qどのような時に仕事のやりがいを感じますか?

業績やその他数値を報告する際、製造・技術の管理職以上の方と関わることが多いですが、お互いの知識や情報を踏まえて折衝し、最終的に納得していただいた時にやりがいを感じます。

Q職場の雰囲気を教えてください。

少数規模の職場ということもあり、相談しやすい雰囲気で、社員同士の距離は近いです。上司も、個人の業務を常に気にかけてくれており、手厚く指導・フォローしてもらえる環境です。

Q今後の社会人生活の中で、実現したい夢や目標を教えてください。

現在の業務の中心である、管理会計(会社内部)だけでなく、今後は財務会計(外部)の勉強もし、常に第三者目線を持って数値情報を提供できるよう、経理マンとしてキャリアを積んでいきたいと考えています。

Schedule ある日のスケジュール

8:00出社・メールチェック
8:30工場業績資料の作成
10:00課内での資料チェック
11:00資料修正
12:00昼食・休憩
13:00工場長へ説明
14:00工場長からの質問対応(現場への調査・分析)
15:00営業依頼の見積原価計算(技術に製品仕様確認)
16:30翌日以降の業務整理
16:45退社

Q学生時代の研究・勉強はどんなところで役立っていますか。

学生時代は財務会計学ゼミに所属しており、有価証券報告書の見方などを研究していました。問題に直面した際、何が問題なのか、自らに与えられている情報から何が引き出せるかなど、常に論理的に考える習慣は、工場の数値分析等に役立っています。

Q退社後や休日はどのように過ごしていますか。

バスケットボールやウェイトトレーニングなど、趣味に勤しんでいます。

Q就職活動をしている学生さんに一言お願いします。

とにかく会社や社員、学生全てにおいて「出会い」を大事にして下さい。就職活動は自分と対話出来る、人生の大きな1つの節目です。型にはまった自己分析シートを埋めるのではなく、多くの出会いを通じて得られる知識や情報、インスピレーションから自分を理解していく方が幾分面白く、必ず皆さんの今後に活きてきます。

Voices / Office Work

仕事の醍醐味(事務系)


Entry

エントリーはこちらよりお願いいたします