Voices / Technical 仕事の醍醐味(技術系)

国際学会での報告は、非常に良い経験となりました。

評価・基盤技術部
製品基盤技術課
廣瀬 諒 大学院 理学研究科 化学専攻 2014年度入社

※ 所属部署、掲載内容は取材当時のものです。

Career Path 入社してからのキャリアパス

2014年4月~
入社、導入研修、製造現場実習
2014年7月~
評価・基盤技術部 製品基盤技術課 配属
現在に至る

Q就職活動の際にどのような業界・職種を見ていましたか?
また企業選びに当たって、大切にしていた観点を教えてください。

大学で半導体関係の研究をしていたこともあり、半導体関連企業を中心に材料分野の製造企業を見ていました。職種は研究・開発部門を希望しておりました。 企業選びでは、世界において高いシェアを持っていることや学会などで活動を行っていることを重要視していました。

QSUMCOへの「入社の決め手」はなんでしたか?

大学で学んだ半導体分野の知識を活かせるのではないかと思ったこと。また、日常生活に不可欠な半導体に用いられているシリコンウェーハに関して、高い世界シェアを持っていること。

Q入社前のSUMCOのイメージは?入社後にギャップはありましたか?

入社前は旧財閥系の流れを汲んでいると聞いていたので、お堅い会社のイメージがありました。 入社してみると、先輩方は話しやすく、職場でも飲み会やレクリエーションが定期的に自由参加で開催されており、親しみやすい会社だと思います。

Q現在はどんな仕事をしていますか?

最先端のCMOSイメージセンサの高感度化に寄与できるようなシリコンウェーハの研究・開発をしています。 時にはその研究結果を学会などで発表したり、お客様と技術交流(ディスカッション)に行ったりもしています。

Q御自身にとって、SUMCOの魅力はなんですか?

やる気がある人にはきちんと仕事を任せてもらえ、また色々と経験をさせてもらえることだと思います。実際に入社してからの3年間で近くは韓国や台湾、遠くはフランスやアメリカなど様々な海外出張を経験させていただき、学会報告についても国内だけでなく国際学会などで報告する機会をいただきました。

Qどのような時に仕事のやりがいを感じますか?

国際学会での発表がうまくいった時は達成感を味わいました。発表当日までの準備では英語でどのように発表すればうまく伝わるのか、試行錯誤の日々で上司や先輩方に沢山指導もいただきましたが、海外の方々と議論するというのは非常に良い経験になったと思います。

Schedule ある日のスケジュール

07:45出社・メールチェック
08:00実験仕込み
10:00論文執筆
12:00昼食
13:00課週報
15:00実験サンプル回収
16:00データ解析・まとめ
17:00翌日の準備・予定確認
18:00退社

Q職場の雰囲気を教えてください。

普段は100人以上の机がある大きなフロアで仕事をしています。基本的には皆さん仕事に集中して、静かな雰囲気ですが、オフィスのいたるところで小会議や打ち合わせが簡単な話し合いも行われており、話しやすい雰囲気であると思います。

Q今後の社会人生活の中で、実現したい夢や目標を教えてください。

現在、いわゆる社会人博士として大学にも所属しておりますので、博士号は取りたいと思っています。将来的には自分が開発した新製品が自社製品として販売されるようになりたいと思っています。

Q学生時代の研究・勉強はどんなところで役立っていますか。

修士論文や学会発表などで結果をまとめたという経験は現在でも社内報告や学会報告などで役立っていると感じます。また、学生時代は様々なデータ分析手法を用いて分析を行っておりましたので、その分析手法の原理に関する知識は常に活用しています。

Q退社後や休日はどのように過ごしていますか。

退社後は、会社のバドミントン部に所属しておりますので、その練習に参加します。練習がない日は家でゆっくり読書をすることが多いです。九州は温泉が多くあるので、休日には友人とドライブがてら各地の温泉に行くこともあります。

Q就職活動をしている学生さんに一言お願いします。

色々な場所への移動や様々な形式の選考など大変かとは思いますが、様々な業界に触れることができる貴重な機会だと思いますので、是非色々なところを見て自分にあったところが見つかるよう頑張ってください。

Voices / Technical

仕事の醍醐味(技術系)


Entry

エントリーはこちらよりお願いいたします