「SENIOR INTERVIEW」評価・基盤技術部企画開発課 2010年入社 柾田 亜由美 AYUMI MASADA 未知の部分を解き明かしたい。野望を抱き、シリコン研究に向き合う。

入社の決め手

大学でもシリコンを研究材料に使っていましたので、シリコンを使う仕事に就きたいなと思っていました。シリコンウェーハメーカーもその一つです。シリコンに惹かれたのはまだ技術として未知な部分があり、まだまだ研究の余地が多く残っている材料だからです。1枚のウェーハの口径もますます大きくなっていますし、ウェーハから作られる半導体デバイスも日々進化しています。終わりの見えない技術ですし、分かっていないことも多い。このようなまだ進化し続ける材料に携わっていたいなという考えがあり、最先端メーカーのSUMCOを選びました。

現在の仕事

半導体デバイス上の不純物の挙動や金属汚染が製品にどう影響するかなどを細かく調べ、製品の高品質化に向けた検査、開発を行っています。製品として送り出す際に影響が出ないようテストを繰り返し、その後は数字を見比べて報告書に取りまとめるという作業を重ねていきます。データを見て初めてわかる不純物の挙動もありますし、こういう動きをするのかと驚くこともあります。シリコンの奥深さを再認識する瞬間もありますね。シリコンを知り、試行錯誤を繰り返して高品質化することで、例えばイメージセンサーの高感度化、高画質化に繋がったり、電子デバイスや自動車など多彩な用途へ領域が拡大していきます。


仕事のやりがい

SUMCOのシリコンウェーハは多くの分野で使われています。自分の仕事が例えばカメラの高画質化にも関係していると知り、私もデジタルカメラを買おうかなと思いました。イメージセンサーになるさらに前の部分なので、カメラやパソコンを見て「自分が関わったものだ」とまではなかなかイメージできませんが、そういう部分に役立っていることは嬉しいですね。


今後の目標

SUMCOには、気軽に仲間や上司と話し合える職場環境があります。会議のようにしっかりと話し込む場を作るのではなく、立ち話程度でもきちんと意見を交換できるので、仕事は円滑に進んでいます。私もキャリアアップしていきたいと考えていますが、もっと製造現場の知識を身につけていかなくてはいけない。実際の製造現場でどのようにシリコンウェーハが作られているのかをしっかりと見て学ばなくてはと思います。女性の技術者も様々な工程で活躍していますし、後輩のためにももっとキャリアアップを目指して取り組んでいきます。

上司からのメッセージ

分析結果を現場へフィードバックし
品質向上に貢献。

1995年 三次 伯知 NORITOMO MITSUGI

彼女のひたむきな姿勢で取り組んだ検討結果が、製造現場へフィードバックされ、品質の面でより良い改善がなされています。とても真面目に仕事に取り組む姿勢は他の社員の鏡にもなっています。私が入社した頃はシリコンウェーハの用途はコンピュータ向けがほとんどでしたが、今では非常に多くの分野で使われるようになりました。こうした技術の影には彼女のような技術者たちの努力があります。今後も周りにも波及する真面目さで技術開発に取り組んでいってほしいですね。