「SENIOR INTERVIEW」 結晶技術部 伊万里結晶技術課 2010年入社 梶原 薫 KAORU KAJIWARA 微細なシミュレーション解析に知恵を絞る。SUMCOの最上流工程を担う責任。

入社の決め手

大学院ではシリコンを紐状に成長させていくナノワイヤーを創製し、物質の特性を研究していました。
もともとシリコンを詳しく知る研究でしたから、SUMCOのシリコンウェーハの技術力の高さや、世界シェアのさらなる拡大を目指す姿勢に惹かれて入社を志望しました。大学院で作っていたシリコン結晶とは精度もサイズももちろん違いますが、勉強してきた熱力学や固体物理学の知識は役立っています。

現在の仕事

半導体デバイスの微細化が進むとともに、高生産効率の実現のため、その基板となるシリコンウェーハは、300mm、450mmと大口径化を求められています。こうしたニーズの変化によって、より高性能な半導体デバイス製造に耐えられる素材結晶の開発が私たちのミッションとなっています。結晶の研究開発では、いくつかの仮説を立て、その中で有力な仮説に基づいてシミュレーションを実施。
試作と評価を繰り返しながら、最適なプロセスを導き出していきます。


仕事のやりがい

3~5人のチームで仕事に取り組み、仮説に基づいたシミュレーション解析を実施、芽の出そうなものは試作・評価を行います。チームの中では私が一番の若手ですが、自分が導き出したシミュレーション解析を発表したときに反応が良かったり、結果がまだ途上の段階にあっても「上手くいきそうだからもうちょっと続けてみて」とアドバイスをもらったときは嬉しいですね。


今後の目標

日々仮説立て、シミュレーション解析を重ねていきますが、どこを修正するか、あるいはどう発展させるかは『職人の勘』のようなところがあります。
私も先輩や上司、長く働いている現場の方など様々な方に教えていただきながらSUMCOの培ってきた技術を体得してきました。課には数人、私よりも若い社員がおり、年齢が近いこともあって私がアドバイスすることもあります。私が先輩方のアドバイスを受けてきたように、私自身ももっと部下のフォローができる頼られる技術者になっていきたいと思います。

上司からのメッセージ

製造現場も認める
真摯で研究熱心な努力家

1992年 片野 智一 TOMOKAZU KATANO

梶原君は自分の役割をしっかりと分かっていて、課内の仲間とも製造現場とも協力しながら開発を進めています。
課の中はもちろん、製造現場の人からも頼られています。現場の人と話をしていると、梶原君の名前が飛び出すこともあります。まだ若い社員ですが名前を覚えてくれているというのは認められている証拠だと思います。明るい性格で何事にも面倒がらずに取り組む姿勢は周りにも好影響を与えています。非常に難しい仕事ですが、これからもひたむきな姿勢を貫いて課内からも現場からもますます頼られる存在に成長してほしいですね。