「SENIOR INTERVIEW」 設備技術部設備技術課 2007年入社 酒井 健司 KENJI SAKAI 最新技術と熟練の技を受け継ぐ。完成度の高い装置作りへ、試行錯誤の日々。

入社の決め手

SUMCOで働いている大学の先輩から職場環境や設備が優れていることを聞き、興味を抱きました。実際に工場を見学してみて入社を決意しました。最新の設備やオートメーション化された搬送システムを目の当たりにして圧巻の一言でした。もう一つの決め手は社員の元気の良さです。とても活気があって気さくに話しかけてくれる人が多い印象でした。それは入社してからも同じで、とても温かく接してくれますし、分からないことも丁寧に教えてくれる。この人の温かさはSUMCOの特徴だと思います。

現在の仕事

エピタキシャル・ウェーハの製造に関わる装置の立ち上げや開発が主な仕事です。エピタキシャル・ウェーハではガスの品質向上が重要。4人チームを組み、先輩方の熟練のアドバイスも受けながら開発を進めています。装置やパーツの開発は、現在は3次元モデルを使うことに力を注いでいます。手間はかかりますが、2次元の図面ベースではわかりにくいガスの流れを実際にシミュレーションすることができ、装置のスムーズな立ち上げに繋がっています。


仕事のやりがい

大学では混相エネルギーの研究室に所属し、混相、液体、気体の各相でのエネルギーをサンプリングする研究を行っていました。こうした大学で得られた見識はガスの流れや材料を検討する際に役立っています。この仕事をしていてやりがいを感じる瞬間は思っていた通りに装置が立ち上がったときです。現場からも「良かったよ」と言われると嬉しいですね。立ち上がったあとに修正を加えて誤差を抑えていきますが、最初から完成度の高い装置を作れるよう頑張っています。


今後の目標

SUMCOはシリコンウェーハ製造の最先端企業として世界に誇る高い技術力があり、スマートフォンやデジタルカメラのCMOS型イメージセンサーの小型化、高解像度化に貢献しています。また、日本の半導体メーカーだけではなく九州や国内の町工場にも高い技術があります。こうした技術を結集させてSUMCO発のパーツを作ってみたいなと思っています。今は装置の完璧な立ち上げが使命ですが、いつかはSUMCO発のものづくりに自分も最前線で携わってみたいですね。

上司からのメッセージ

全力投球の熱さで
ブレークスルーできる逸材

1997年 大木 洋章 HIROAKI OOKI

全力でプロジェクトに取り組むのが酒井君の素晴らしさ。地道な努力をしている姿が周りにも波及してきています。とても明るい性格で気さくなのも心強いですね。実際の製造現場との密接なコミュニケーションが必要ですから、酒井君の明るさはチームワークを形成する上でも大切です。シミュレーションしたり、立ち上げたりする技術は身についていますが、この部署は幅広くアンテナを張って他の部門や現場の情報を把握しながらやっていかなくてはいけません。知識、経験をさらに磨いていって、より多くの要望やトラブルに対応できるようになっていってほしいですね。