「SENIOR INTERVIEW」 財務部 2010年入社 三井 亮 RYO MITSUI SUMCOのものづくりを財務面から支える。財務の仕事を極め、経営層を目指す。

入社の決め手

もともとメーカー志望でした。というのも、日本の強みは何といっても、ものづくり。ですから、ものづくりに携わりたいと思っていました。「鉄は産業のコメ」と言われ、さまざまな産業の根本を支えてきましたが、今の時代、それに当たるのが半導体などの電子部品。その中でもSUMCOは、シリコンウェーハのトップランナー。新しい技術やスタイルを生み出し、業界全体を前に進めていく、その一員として、仕事をしたいと思ったんです。入社後は、九州の工場で原価計算を任された後、現在は東京の本社で財務を担当しています。

現在の仕事

本社で財務の担当をしています。原価計算と財務と聞くと、パソコンや電卓を使い、デスクワークのみをしているというイメージがあるかもしれませんが、実はいろいろな人とコミュニケーションをとり、アクティブに動く仕事です。例えば、原価計算の仕事で、シリコンウェーハを1枚作るのにどれくらいのコストがかかっているかを知るためには、工場長をはじめ、生産管理や品質管理の担当者など製造現場の人たちからヒアリングを行って、予算内に収めることができなかった場合は、その理由、そして対応策につても製造現場と一緒に考えていきます。


仕事のやりがい

面白いのは、お金や数字を通して、会社や事業のことが分かるところ。原価計算の仕事は、原料から生産、出荷までの流れをお金という観点から見る仕事であると言えますし、本社の財務部では、会社全体でどれくらいの売り上げがあって、どれくらいコストがかかっているか、入ってくるお金と出ていくお金を把握し、的確に資金の調達と返済を行っていきます。仮に計算や読みを間違えると、最悪の場合、資金がショートし、会社経営が立ち行かなくなるので責任はとても重いですが、それだけにやりがいも大きいですね。まだ財務に来てから日が浅いので、まずは財務の仕事を極め、誰にも負けないスキルを身につけたい。そして、将来的にはSUMCOだけではなく、グループ全体の財務を任されたいし、会社経営にも加わりたいですね。


オフの過ごし方

私はバイクに乗るのが大好きで、特に九州の工場に勤務していた時代は、豊かな自然の中でツーリングを楽しんでいました。東京勤務になってからは社会人サークルに参加し、皇居ランニングを始め、充実した日々を送っています。

上司からのメッセージ

財務部に最適な人材。
エース候補として大いに期待。

1993年 山田 圭太 KEITA YAMADA

財務は会社経営の根幹を担う重要な仕事。銀行など外部の方との折衝も多く、そういう場合は会社を代表する立場にもなります。ですから知識はもちろん、人間的にもきちんとしていることが求められますが、その点、三井君は性格も明るく、常識を備えており、申し分ありません。財務に来てまだ日が浅いですが、すでに財務部全体に良い影響を与えてくれています。これからも若手の視点から積極的にアイデアを出してほしい。そして、経験を積みながら、応用力や判断力をさらに伸ばし、将来的には会社運営を担える人材に成長してほしいですね。