Voices / Office Work 仕事の醍醐味(事務系)

どんなに小さな事でも自分の考えを聞いて評価してくれるところが魅力です。

人事労政部
労政課
岩本 萌 文学部 人文社会学科 文化メディア学コース 2018年度入社

※ 所属部署、掲載内容は取材当時のものです。

Career Path 入社してからのキャリアパス

2018年4月~
入社、導入研修、製造現場実習
2018年7月~
人事労政部 労政課

Q就職活動の際にどのような業界・職種を見ていましたか?
また企業選びに当たって、大切にしていた観点を教えてください。

志望業界は製造業で、職種は人事や総務、生産管理といった事務系の管理部門でした。大学時代、雑誌を作るゼミに参加し、組織が一丸となってモノを生み出すという経験をしました。努力の結果がモノとして残り、それを活用してもらえることに対するやりがいや醍醐味を働く上でも味わいたいという思いをきっかけに製造業を目指すようになりました。

QSUMCOへの「入社の決め手」はなんでしたか?

私が注目したSUMCOの特徴は、シリコンウェーハの製造に特化しているという点です。私も大学1年の時から研究テーマを一貫させて突き進んでいたので、「一つの物事にこだわる」というところに非常に共感を覚えました。また、就活時の社員の方の対応が本当に温かく、「このような会社だったら意欲的に働けそう」と思えたからです。

Q入社前のSUMCOのイメージは?入社後にギャップはありましたか?

ギャップは特にないですね。就活時に丁寧に接してくださり、入社してからもきめ細やかに対応してくださる上司や先輩がたくさんいて、前述の「意欲的に働けそう」という直感は間違っていなかったと思います。

Q現在はどんな仕事をしていますか?

人事というと採用や評価といった仕事を思い浮かべると思いますが、私は主に福利厚生の仕事に携わっています。具体的には全社の寮・社宅管理や旅費運営管理で、まずは実務を学ぶところから始めています。
それから、「できるだけ多くの従業員に顔を覚えてもらう」のも重要なミッションです。そのために私は、相手がどのような方であっても顔を合わせられる距離にいれば会いに行って直接コミュニケーションをとるように努めています。もちろん緊張はしますが、関わりを持つ方が増えるたびに一回り成長している、と考えて楽しむようにしています。元気に声を掛けるだけで印象が残せることが案外多く、覚えてもらえていた時は嬉しいです。業務というより「将来につなげるための自分への挑戦」という感じですね。

Q御自身にとって、SUMCOの魅力はなんですか?

どんなに小さな事でも自分の考えを聞いて評価してくれるところです。同僚、先輩、上司、みんなの距離が近く、いつも見守りつつバックアップもしてくださるのでのびのびと仕事ができます。働く意欲を湧かせてくれるというのは非常に魅力的だと思います。

Qどのような時に仕事のやりがいを感じますか?

自分のやったことが周りに影響を与えられた時ですね。先述したSUMCOの魅力の根拠にもなる出来事なのですが、初めての報告書作成で私は思い切って過去のものから資料編成を一新させました。この新しい書式を上司は非常に良く評価してくださり、様々な資料に反映されつつあります。些細なことですが、新人でも物事を動かせることができると分かり、やりがいや大きな自信につながっています。

Schedule ある日のスケジュール

9:00出社、メールチェック
9:30全社残業時間のチェック・更新
11:00給与計算前ミーティング
12:00昼食
13:00資料整理
14:00建設業者との打ち合わせ(寮関係)
15:30動産業者・仲介業者とのやり取り
17:30翌日の業務確認
18:00退社

Q職場の雰囲気を教えてください。

個々人が独立して仕事をしている訳ではなく、困った時は様々な方と協力しがら物事を前に進めることができます。また、自分でスケジュールを立てて仕事ができ、フレックスや有給休暇も取りやすい環境が整っていると思います。

Q今後の社会人生活の中で、実現したい夢や目標を教えてください。

人事労政部は採用だけでなく、福利厚生や給与管理、制度の策定も手掛ける幅広い部署です。つまり、従業員の入社から退職まですべてに関わっているんです。「自分がこれからのSUMCOの人々の生活を背負うのだ」ということを自覚して、今以上に全従業員が平等に快適に過ごせる未来を作っていきたいです。

Q学生時代の研究・勉強はどんなところで役立っていますか。

「突き詰めて考える」という姿勢を学んだことです。研究内容と関わりはなくても、その姿勢は制度や規則の目的や意味を探り、自分なりの信念を持って選択をするという現在の業務につながっていると思います。「何を研究したか」ではなく、研究するにあたって「どのように追究したか」が社会で活きることもあるんです。

Q退社後や休日はどのように過ごしていますか。

退社後は録画しているテレビ番組を観るのを楽しみにしています。大笑いしたりツッコミを入れたりしているととても元気が出るんです。明日への活力を得られる大切な時間です。
休日は買い物に行ったり友達と遊んだりして過ごしています。初めての東京暮らしで行ってみたいところがたくさんあるので、どんどん開拓していきたいです。お笑いが大好きなので、ライブにも足を運んでみたいです。

Q就職活動をしている学生さんに一言お願いします。

就活中は不安になることが多々あると思います。でもそんな気持ちに負けないで、とにかくまずは元気に明るく行動してみてください。その時は気付かなくても、見てくれている人が絶対にいます。知らず知らずの内に明るさが取り柄になり、武器になることだってあり得ます。落ち込むようなことがあっても、上手く気持ちを切り替えて前向きに頑張りましょう!

Voices / Office Work

仕事の醍醐味(事務系)


Entry

2020年入社新卒採用
エントリーは下記よりお願いいたします。

My Page


マイページへログイン
2021年卒業予定の方向けのインターンシップについては、
こちら をご覧ください。