SUMCOを知る

半導体の未来と課題
(技術統括役員インタビュー)

半導体業界と
SUMCOの将来はいかに

半導体は誕生してから今日までの間に、ものすごいスピードで技術革新を遂げてきました。今後、半導体業界がどのような道筋をたどるのかを分析することで、SUMCOの将来的な姿を考えていきます。

常務執行役員
池田 直紀
Q1

半導体業界の今までの軌跡について、
長年シリコンウェーハ業界から見てきて感じたことは?

ウェーハ市場を牽引する半導体業界ですが、下記のような大きな変化・成長がありました。

  • 1990年半ば、Windows95が発売され、PCとインターネットがつながる
  • 2005年以降、スマートフォンが発売され、スマートフォンとインターネットがつながる
  • 2015年以降、IoTが普及し、すべてのものがインターネットでつながる
  • 2020年以降、5G(第5世代移動通信システム)の加速によりIoTが進展

半導体製品の進化が、私たちの暮らしを豊かにし、社会を進化させています。ナノテクノロジーと言われる超微細化技術を進化させながら、今後もデータ通信量の増加、5Gスマートフォンの普及、テレワークの定着、デジタルトランスフォーメーション(DX)の推進、HEV・EVの普及、自動運転の進展、省エネ社会・クリーンエネルギー社会の実現などに向けて、半導体業界は成長をしていくと感じています。
この半導体業界の成長に伴い、シリコンウェーハは1990年から2020年の30年間で年平均成長率は6.6%、面積は約7倍に成長。シリコンウェーハは今後も成長産業であり続けます。

Q2

シリコンウェーハ業界は今後どのように発展していくのか。

シリコンウェーハは、日常生活では目にすることはありませんが、私たちの暮らしを豊かにするあらゆる電子機器に搭載されている半導体デバイスの製造に欠かせない出発材料です。電子機器の頭脳(MPU)、記憶(メモリ)のみならず、五感を感じるセンサー、電力を変換・制御するデバイス等を実現するためにも役立っており、実は生活に欠かすことができない材料です。半導体製品のナノテクノロジーと言われる超微細化技術の進化とともに、シリコンウェーハの技術を進展させる必要があり、半導体製品の進化を支えるのがシリコンウェーハであると言えます。
シリコンウェーハ技術は、超高純度イレブンナインの多結晶シリコン原料から独自の結晶育成技術を用いて結晶性、不純物を高度に制御して単結晶結晶育成を行うことから始まります。そして、世界中のあらゆる物資の中で最も高い平坦度まで表面を鏡面に磨き上げ、微細な凹凸や微粒子を限界まで排除した超平坦・超清浄なウェーハ加工を施し、高機能化のために特殊加工としてシリコン層をエピタキシャル成長させる工程もあります。シリコンウェーハ業界は、お客様のニーズに応えるために継続的な技術革新、そして成長産業であるため需要に合わせた生産量の拡大で益々発展していきます。
 シリコンという材料は下記の観点で地球から人類への贈り物と言えます。

  • 資源が豊富で高純度の原料が安定的に入手できる。
  • 結晶の大口径化が比較的容易にできる。
  • 物性値が適度で半導体製品の使用温度範囲で特性が安定している。
  • 安定な絶縁膜の形成が容易である。

単元素半導体で結晶の完全性が宝石以上に非常に高く、微量の結晶欠陥、加工欠陥、不純物で特性が大きく変化するため、技術開発チャレンジ項目は尽きることなく発生しています。

Q3

シリコンウェーハ業界に位置するSUMCOの将来像とは?

SUMCOは住友と三菱のシリコンウェーハ事業が統合して創業した古くて新しい会社で、多様な技術と文化で価値を創造する集団です。超微細なナノスケールの世界で、その高く安定した品質、最先端の技術開発力、柔軟できめ細やかな技術サポート、製品の安定供給などが高く評価され、多くの半導体デバイスメーカーに欠陥のない、超高品質・超高清浄度・超高精度なウェーハを供給しています。その結果、世界シェア約3割、海外売り上げ比率8割弱のシリコンウェーハ専業メーカーです。
SUMCO Vision 4項目の中で“技術で世界一の会社”、“従業員が活き活きとした利益マインドの高い会社”を掲げており、人と技術を大切にし、最先端分野で顧客からファーストコール(信頼関係に基づき真っ先にご要望、相談を頂けること)を受けられるように技術開発、生産性の改善に軸足を置いて活動しています。300mm最先端製品のビジネスではNo.1 Supplierと評価されていると自負しており、特に最先端ロジック用ウェーハ分野での高い世界シェアを誇り、世界の最先端電子機器の2台に1台はSUMCO製のシリコンウェーハが用いられています。
技術開発は、新しい半導体製品にどのようなシリコンウェーハが必要かと顧客と議論することから始まります。ファーストコールを頂いて熱い技術議論を行い、各顧客の要望、状況にあったオーダーメイドで設計して対応しており、これは大変なことではありますが、技術者としては非常にエキサイティングなことで、やりがいの大きさにもつながっています。

SUMCOではテレビCMをしており、その中で以下のナレーションが流れます。
「半導体の進化が世の中を変える。時代を変え、風景を変え、あなたと私のこれからを変える。次の100年、半導体でどう変わるだろうか。シリコンウェーハは半導体テクノロジーの根源。半導体の進化が未来を創る。SUMCO」

人を大切にする・育てるという社風のもと、世界を相手に最先端技術で未来を創っていく、それがSUMCOの将来像です。

ページの先頭へ