環境マネジメント

取り組む理由

省エネルギー化への取り組み、温室効果ガスの排出抑制、廃棄物の排出量削減など、企業の事業活動における環境負荷の低減は、地球環境の維持・保全のための喫緊の課題です。
SUMCOグループは、かけがえのない地球環境を次世代に引き継ぐため、環境マネジメントシステムを構築し、すべての工場でISO14001の認証を取得して環境に配慮した取り組みを行っています。

SUMCO 環境基本方針

1. 環境基本理念

私たちは、半導体用の高品質なシリコンウェーハ及び石英ルツボの製造メーカとして、このかけがえのない地球環境を次世代に引き継ぐために、次の通り行動指針を定め、環境保全活動に自主的かつ継続的に取り組みます。

2. 環境行動指針

  1. 事業活動を通じ、次の項目を重点課題として活動を推進します。
    1. (1)事業活動における電力などの省エネルギー活動を推進し、温室効果ガスの排出抑制に努めます。
    2. (2)廃棄物の排出量削減及び再利用、リサイクルの拡大に努めます。
    3. (3)事業活動にて使用する用水の削減及びリサイクルに努めます。
    4. (4)事業活動にて使用する化学物質の削減に努めます。
    5. (5)有害な化学物質及び廃棄物の取扱管理を徹底し、環境リスクの低減に努めます。
  2. 環境関連の法規制、条例及びその他の同意した要求事項を順守します。
  3. 事業活動全般において汚染の予防を図り、地球環境保全及び地域との共生に努めます。
  4. サプライヤーと共にグリーン調達を推進し、環境負荷の低減に努めます。
  5. 環境目標を定め、定期的にこれを見直すことにより、環境マネジメントシステムの継続的改善を推進します。

2020年1月1日

環境管理体制

取締役会のメンバーである環境統括役員のもと、環境担当役員およびサイト環境管理責任者を任命し、それぞれの役割、責任および権限を定めて環境管理体制を構築しています。環境管理委員会、サイト環境管理委員会を定期的に開催し、指示の徹底および情報の共有を図っています。環境統括役員は、気候変動問題に関する当社最高責任者として総括的な責任と権限を有しており、環境管理委員会を主催し、気候変動問題の取り組み状況を管理しています。

環境管理体制図

環境管理体制図

環境目標

SUMCOグループでは、環境基本方針、および定期的に実施する環境影響評価結果に基づいて、すべての拠点毎に環境目標を定めており、この目標に沿ってCO2排出量や、化学物質使用量、産業廃棄物排出量や用水使用量の削減といった環境負荷の低減や環境改善の取り組みを実施し、結果を環境管理委員会で報告し、レビューを受けて、翌年度のプランに繋げています。この環境目標の基準値は、前年実績としています。また、半期ごとの実績を確認し、必要に応じて目標値の見直しを行っています。

環境目標(2019年度~2022年度)と2019年度実績

この表は横にスクロールしてご覧いただけます。

BM 2019年度 2020年度 2021年度 2022年度
目標 実績 目標 目標 目標
CO2排出量の削減
Scope1+2
前年実績 0.8% 0.9% 1.2% 1.2% 1.2%
化学物質使用量の削減 0.6% 1.5% 1.8% 1.8% 1.8%
産業廃棄物排出量の削減 1.6% 2.7% 2.2% 2.2% 2.2%
用水使用量の削減 0.5% 0.6% 0.4% 0.4% 0.4%
  • BM:ベンチマーク
拠点毎の削減目標(国内9製造拠点)

この表は横にスクロールしてご覧いただけます。

サイト BM 2019年度
CO2排出量の削減 化学物質使用量の削減 産業廃棄物排出量の削減 用水使用量の削減
目標 実績 目標 実績 目標 実績 目標 実績
九州事業所(伊万里・長浜) 前年実績 0.7% 0.8% 1.0% 3.1% 1.3% 4.8% 0.3% 0.3%
九州事業所(伊万里・久原) 1.0% 1.0% 0.6% 0.8% 0.3% 0.4% 0.4% 0.7%
九州事業所(佐賀) 0.5% 0.6% 0.2% 0.2% 0.3% 0.3% 2.3% 2.3%
米沢工場 0.8% 0.9% 1.4% 1.5% 7.3% 0.3% 2.0% 1.2%
千歳工場 0.1% 0.1% 0.0% 0.0% 1.8% 1.8% 0.7% 0.7%
JSQ事業部 1.1% 1.8% 0.3% 0.3% 0.1% 7.9% 0.8% 0.8%
SUMCOテクノロジー(株)野田工場 1.1% 0.8% 0.4% 5.5% 1.0% 1.1% 0.0% 0.0%
SUMCO TECHXIV(株)長崎工場 0.8% 1.0% 0.1% 0.1% 3.9% 3.9% 0.2% 0.2%
SUMCO TECHXIV(株)宮崎工場 1.3% 1.4% 0.5% 0.5% 0.1% 0.1% 0.3% 0.3%
0.8% 0.9% 0.6% 1.5% 1.6% 2.7% 0.5% 0.6%
  • CO2排出量の削減については、米沢工場および宮崎工場で実施した高効率冷凍機への更新や、各工場で展開している照明機器のLED化等により電力使用量の削減を行っています。
  • 化学物質使用量の削減については、各工場において廃水処理方法を改善し、使用する薬注量の削減を行っています。また、産業廃棄物のうち当社グループで排出量の多くを占める脱水汚泥については、廃水処理における薬注量を減らすことにより汚泥の発生を抑制すると共に、脱水機の運転管理を徹底し脱水汚泥の含水率を低減することで排出量の削減を行っています。
  • 産業廃棄物排出量の削減については、九州事業所(佐賀)や野田工場においてスラッジに含有している水分を低減し排出量削減を行っています。また米沢工場では酸性廃液を再資源化可能な業者へ売却するなど産業廃棄物排出量削減を行っています。
  • 用水使用量の削減については、各工場において空調用冷却塔の水処理剤変更や水質の管理強化により補給水の削減を行っています。

温室効果ガス排出削減の長期目標

2019年設定
目標年 2030年度
削減目標 CO2排出原単位(Scope1+2)
2014年比14.9%削減(年平均1.0%削減)

環境関連リスクのマネジメント

SUMCOグループでは、「リスク管理基本規定」において気候関連を含む環境に関連するリスクを特定し、BSC(Business Security Committee)及び上述の環境管理体制の下で、環境汚染や地球温暖化による異常気象などのリスクに対する取り組みについての計画を策定・実行し、その結果を環境統括役員に報告するとともにBSCにも報告し、経営層のレビューを受けています。

環境教育

お取引先への環境基本方針と環境事故予防の教育・トレーニング

SUMCOグループでは、化学物質等の納入各社および産業廃棄物引取り各社を対象として、当社の環境基本方針を理解していただくとともに、環境事故予防・法令遵守等の教育を実施しています。

具体的内容

写真写真環境事故予防教育

  1. 車両からの燃料、オイル等の漏洩点検実施の依頼
  2. 納入・引取り時の当社担当者の立会いと指示の遵守
  3. 産廃車両からの汚泥・廃液等の落下を防止するための重点点検の依頼
  4. 過去に発生した社内環境事故事例の紹介

環境会計

SUMCOグループでは「環境会計ガイドライン(2005年版)」に基づき、当社国内グループの2019年1月~2019年12月における結果を集約しました。

環境保全コスト

(百万円/年)
投資額 900
費用額※1 4,200
  • ※1「社内人件費」、「減価償却費」、「運用に関わるエネルギー(電力、燃料、水等)費」は含めていない

環境保全効果、環境保全対策に伴う経済効果

項目(単位) 環境保全効果
(2018年-2019年)※2
経済効果
(百万円/年)※3
電気使用量(GWh) 67 139
燃料使用量(重油換算kL) ▲45
水使用量(Mm3 ▲0.1
化学物質使用量(t) ▲81
産業廃棄物排出量(t) 2,972
  • ※2▲(マイナス)効果は、売上に寄与しない試作などにより、環境負荷削減効果以上の増加があった事を示す
  • ※3経済効果の算出は、当社独自の推定方法による

環境監査

SUMCOグループでは、社内監査員による内部環境監査、外部審査機関による環境マネジメントシステム審査を実施しています。

内部環境監査

SUMCOグループでは、環境マネジメントシステムの対象となる全組織に対して社内監査員による監査を毎年実施しています。監査の結果については環境統括役員へ報告を行い、翌年の活動に反映し、環境マネジメントシステムを継続的に改善しています。

環境マネジメントシステム審査

SUMCOグループでは、外部の審査機関による毎年の定期審査および3年ごとの更新審査を実施しています。

環境関連法規制の遵守

SUMCOグループは、法規制および協定で要求されている事項を特定し、遵守確認を実施しています。
また、海外の化学物質規制(RoHS指令やREACH規則など)も遵守しています。

土壌・地下水汚染対策状況

地下水汚染物質累積回収量
グラフグラフ

野田地区では、2005年に実施した自主調査において、揮発性有機化合物、およびふっ素の土壌・地下水環境基準値の超過が確認され、関係先と協議しながら対策を進めてきました。現在は、敷地境界付近に設置した揚水井戸により、汚染物質の拡散防止と回収に取り組んでいます。

SUMCOグループで2019年度に新たに発生した用水・排水に係る不適合事例(Incident)はありませんでした。

ISO 14001 マネジメントシステム登録証