健康経営への取り組み

健康への取り組み

SUMCOグループの健康に関する考え方

SUMCOグループでは、「従業員の安全と健康がすべてに優先する」との理念のもと、明るく活き活きと働きがいのある職場づくりを目指し、「SUMCOグループ健康宣言」を社内外に発表し、健康増進活動の各取組みを健康投資として戦略的に推進しています。

SUMCOグループ健康宣言

SUMCOグループは、従業員の健康を重要な経営資源の一つととらえ、個人の自発的な健康増進活動に対する支援と、組織的な取り組みの積極的な推進により、全員が活き活きと仕事をする企業グループを目指します。

健康推進体制

健康に関する会議体
健康に関する会議体健康に関する会議体

定期的に全社健康委員会、健康推進会議を開催し、各拠点における活動状況や健康指標(KPI)の達成度など共有化したうえで、新たな施策の企画や改善活動に反映しています。これらの改善推進のためには専門家の知見が重要であるため、人事労政部健康推進課には統括産業医を中心に、SUMCOグループ各事業所の産業医、専門保健師・看護師(常勤13名、非常勤2名)の専門職を配置し、当社グループ従業員の個別保健指導や面談、禁煙指導の実施のほか、ストレスチェックによる職場環境改善活動やメンタルヘルス研修などを行い、健康経営を推進しています。

健康経営の取り組み

当社では、従業員の一人ひとりの健康のために、各種施策を全社横断的・計画的に推進しています。従業員の健康に対する取り組みが評価され、経済産業省と東京証券取引所が協同で上場会社の中から原則1業種1社、健康経営に優れた企業を選定する「2022 健康経営銘柄」の認定を受けました。また、SUMCOグループは、2019年以降4年連続で経済産業省と日本健康会議が選定する「2022 健康経営優良法人 ホワイト500」の認定を受けています。

当社の健康管理の課題

当社では健康管理の課題として、「1. メンタルヘルス」、「2. 禁煙」、「3. 生活習慣病」 の3つに着目し、目標値を定めて中長期計画を作成し、活動を行っています。

1. メンタルヘルス

当社では従業員のメンタルヘルスを良好に保つことが、高い顧客要求に応え、生産性が高く、活き活きと仕事をするための職場環境の整備に繋がるものと考え、メンタルヘルス不調の一次予防の一環として、2003年より、労働安全衛生マネジメントシステム(OSHMS)の中で職場環境改善活動を運用し、評価を行っています。
また、職場環境改善については職場単位のストレス調査結果をもとに従業員1人ひとりが職場内で職場環境改善に向けた意見を出し合い、取組み項目を決定し活動しており、良好事例は、グッドプラクティス事例集として社内HPに掲示しています。

主な取組み項目
  • メンタルヘルス研修(階層別研修、e-learning)、カウンセラー等への相談体制
  • ストレス調査に基づく職場環境改善活動
活動結果
活動結果1. ストレス調査結果による職場環境改善

総合健康リスクとERI調整後総合健康リスク

  • ※1総合健康リスクはストレス調査から仕事のストレス判定図を使用し算出
  • ※2ERI総合健康リスクは総合健康リスクと努力報酬比不均衡モデルを使用し算出
活動結果2. ストレス調査結果による職場環境改善(グッドプラクティス)事例

SUMCOグループでは、ストレス調査の結果で負荷が高い分析結果が出た部署について、実態調査を行い、部全体の取り組みとして働き方改革に向けた取り組みの実施を促しています。具体的には、各部門におけるそれぞれの業務グループのリーダーが、FTA (Fault Tree Analysis)を作成・実行して結果をレビューし、対策の有効性を確認しています。この取り組みの一例として、職場の掲示板に残業時間縮減に向けたメッセージを掲示するとともに、定時退社日の遵守率のモニタリングを行ったことで、退社時間を早め残業時間を縮減することに成功しています。またこの取り組みと併せて、年休取得率をトレースして年休取得を励行するなど、SUMCOグループでは、従業員のワークライフバランスに配慮した取り組みを進めています。

2. 禁煙推進活動

2020年1月に当社グループ全従業員を対象とした喫煙に関するアンケートを実施し、その結果より喫煙者の喫煙頻度や回数などの傾向分析を行い、それぞれの特性や年代も踏まえた禁煙教育や個別の保健指導を展開した結果、喫煙率は2018年の46.0%に対し、2019年38.2%、2020年36.6%、そして2021年は31.9%と徐々に減少傾向にあります。
また全国的な新型コロナウイルスの感染拡大に伴う対策として、当社グループ敷地内喫煙所の閉鎖とあわせ、自己負担なく禁煙外来治療ができるよう制度の見直しを行い、禁煙活動を推進しています。

主な取組み項目
  • 喫煙に関する全従業員アンケート結果による傾向分析
  • 上記結果に基づく禁煙教育と個別保健指導による禁煙治療利用促進(会社補助による禁煙治療無料化)
  • 職場対抗禁煙チャレンジレース
  • 新型コロナ対策として敷地内喫煙所閉鎖を継続中

3. 生活習慣病対策、その他

定期健康診断分析の結果、30歳から40歳にかけてメタボリック症候群の従業員割合が増加することから、40歳前の社員対象に生活習慣の改善を目的とした健康教室や保健指導を実施しています。また、39歳の従業員を対象に外部の管理栄養士等の協力を得ながら39歳健康教室を実施し、その効果を検証をすることで、次年度の指導改善につなげています。
運動習慣促進として、当社九州事業所(佐賀県)では、佐賀県が開発したウオーキングアプリ「SAGATOCO」を利用したウォーキングラリーを実施しています。この取り組みにより、当社九州事業所は、2021年佐賀さいこう大賞(健康経営部門)を受賞しました。また、従業員の年齢構成の高度化に伴い、転倒やつまずき機会のリスクが増えることを想定し、福岡大学スポーツ科学部と共同で従業員の運動機能を評価し、SUMCO転倒防止体操を開発・社内展開しています。

主な取組み項目
  • 39歳健康教育
  • ウォーキング活動
  • 定期健康診断後の個別保健指導(血圧、血糖値の改善指導含む)
  • SUMCO転倒防止体操

4. メンタルヘルス、禁煙、生活習慣の各課題実績と中期目標

評価項目 2018年
実績
2019年
実績
2020年
実績
2021年
実績
中期目標値
(2025年)
ERI調整後総合健康リスク 106.0 100.0 99.0 103.0 100以下
喫煙率 40.6% 38.2% 36.6% 31.9% 20.0%
メタボ従業員割合 26.3% 26.9% 28.6% 29.4% 25.0%
30分以上の運動習慣割合 24.2% 25.4% 28.4% 27.6% 35.0%
睡眠で休養がとれていない割合 38.9% 32.6% 31.7% 33.5% 24.0%

当社健康経営の総合的な指標と各取組みの戦略マップへの展開

当社では健康経営に取組むことで、健康戦略マップの最終目標に掲げている、活き活きとした人材確保により高い創造性を作り出すこと、また、不健康や傷病による生産性に影響を及ぼす機会を防ぐという課題解決につながると考えております。そのため、これらの状況を可視化するため総合的な指標を数値化し、各取組みを健康投資として戦略的に体系立てて成果を得られるよう戦略マップへ展開することで、毎年の評価を実施し、以降の必要な対策に繋げています。

総合的な指標

  • 生産性低下の指標:プレゼンティーズム(健康・体調面不具合の出勤時生産性下)、アブセンティーズム(健康・体調面不具合の欠勤)
  • 活き活き度の指標:ワークエンゲイジメント(仕事に対するポジティブな心理状態)、働きがい・仕事満足度
SUMCO健康経営戦略マップ概要

SUMCO健康経営戦略マップ概要

活動結果

活動結果1. プレゼンティーズムとアブセンティーズム(従業員アンケート調査より)

活動結果1. プレゼンティーズムとアブセンティーズム(従業員アンケート調査より)活動結果1. プレゼンティーズムとアブセンティーズム(従業員アンケート調査より)

活動結果2. ワークエンゲージメント(従業員アンケート調査より)

活動結果2. ワークエンゲージメント(従業員アンケート調査より)活動結果2. ワークエンゲージメント(従業員アンケート調査より)

  • ワークエンゲージメント:仕事に関する9項目の従業員アンケート(0~6点の7段階評価)の平均点
活動結果3. 仕事の満足度・働きがい(従業員アンケート調査より)

活動結果3. 仕事の満足度・働きがい(従業員アンケート調査より)活動結果3. 仕事の満足度・働きがい(従業員アンケート調査より)

  • ※1仕事の満足度:仕事に満足だ「満足」、「まあ満足」と回答した従業員割合
  • ※2働きがい:働きがいのある仕事だ「そうだ」、「まあそうだ」と回答した従業員割合

SUMCO健康経営戦略マップの作成について

写真写真

統括産業医
彌冨 美奈子

健康経営戦略マップにより安全衛生年間計画の取り組み事項、メンタルヘルス、生活習慣病、喫煙などの従業員の健康に関する指標、さらに最終的な指標と、健康経営での課題解決につながっていくストーリーが明確になりました。次のステップとして、当社の経理システムに連動させて各種取り組みの費用とその効果の検証を開始しています。

アドビシステムズ社のAdobe Reader®ダウンロードページへ(別窓)

PDF資料をご覧いただくにはAdobe Reader®が必要です。
お持ちでない場合は、左のボタンをクリックし、アドビシステムズのウェブサイトよりインストールしてください。