安全・健康衛生への取り組み

取り組む理由

従業員が最大限の能力を発揮して活き活きと働くために、安全と健康は欠かせません。SUMCOグループは、従業員の安全と健康衛生を確保することは、重要な社会的責任のひとつであると考えています。
SUMCOグループでは、SUMCO CSR方針において「SUMCOで働く人に、安全・健康・快適で適正な職場を確保し、人権・能力・個性を尊重して、公正で多様な働き方を実現します」と宣言し、以下の基本理念、基本方針を掲げ安全・健康衛生の取り組みを推進しています。

SUMCOグループ 安全健康衛生基本方針

基本理念

SUMCO グループは、「従業員の安全と健康がすべてに優先する」との理念の下、管理監督者が率先垂範し、全員参加の活発なコミュニケーションにより、「安全で心身共に健康な快適職場づくり」に取り組みます。

基本方針

  1. 全員参加で、関係法令をはじめ、マニュアルや作業手順等、決められたことを必ず守り守らせる職場づくりに努めます。
  2. 全員参加で、労働災害・事故の真因を徹底分析し、労働災害・事故の未然防止と再発防止に努めます。
  3. 全員参加で、風通しのよい職場環境づくりと心と身体の健康維持増進に努めるとともに、職業性疾病の予防に努めます。
  4. 全員参加で、交通モラルの高揚を図り、社会の模範となれる交通安全活動を推進します。

安全・衛生への取り組み

推進体制

SUMCOグループでは、安全・健康衛生に関する活動状況の報告、および情報交換を行い、グループの安全・健康衛生水準の維持向上を実現することを目的とした全社安全衛生委員会を、毎年開催しています。
この全社安全衛生委員会では、安全衛生を統括する役員が出席し、グループ全体の安全・健康衛生管理の活動状況や主要な労働災害の報告、次年度の安全・健康衛生に関する取り組み課題・目標の審議・承認などを行っています。
また、各拠点においても、事業所毎の安全衛生委員会・職場安全衛生委員会・小集団安全ミーティングにて、全社安全衛生取り組み課題に基づき、各年度の安全衛生方針および目標を定め、達成に向けて日々活動しています。

全社安全衛生推進体制

全社安全衛生推進体制

安全・健康衛生に関する会議・委員会(コミュニケーション)

この表は横にスクロールしてご覧いただけます。

階層 機会 頻度 主な参加者 機能
全社 全社
安全衛生委員会
年1回 会長、役員、関係会社社長、工場長、部長、労組執行部、産業医、全社・事業所安全衛生事務局 SUMCOグループの安全衛生健康経営方針・施策の審議・協議
生産本部
安全衛生委員会
年1回 安全衛生統括役員・担当役員、役員、工場長、産業医、全社・事業所安全衛生事務局 生産本部の安全衛生健康施策の審議・協議
労使安全懇談会 年2回 労組執行部(本部三役、支部長)、全社安全衛生事務局 SUMCOグループ(国内)の安全衛生健康施策の審議・協議
安全防災会議 月1回 全社・事業所安全衛生事務局 SUMCOグループ(国内)の安全衛生健康施策の審議・協議
海外関連会社
安全連絡会
各社
年6回
海外関係会社社長・安全衛生事務局、全社安全衛生事務局 SUMCOグループ(国内)の安全衛生施策の説明、国内・外の活動情報交換
職場安全衛生
推進員交流会
月1回 職場安全衛生推進員、全社安全衛生事務局 SUMCOグループ(国内)の安全衛生施策の説明、事業所間の活動情報交換
安全防災部巡視 年9回 各部門管理職、職場安全衛生推進員、全社・事業所安全衛生事務局 SUMCOグループ(国内)の安全衛生健康施策の実施状況確認・協議
事業所 安全衛生委員会 月1回 総括安全衛生管理者、工場長、部課長、労組支部幹部、産業医、全社・事業所安全衛生事務局 事業所の安全衛生健康方針・施策の審議・協議
職場安全衛生
推進委員会
月1回 職場安全衛生推進員、事業所安全衛生事務局 事業所の施策の詳細審議・協議
職場
安全衛生委員会
月1回 部課長、グループリーダー、ユニットリーダー、職場安全衛生推進員、請負業者管理者 部門の安全衛生健康方針・施策の審議・協議
小集団安全
ミーティング
月1回 グループリーダー、ユニットリーダー、職場安全衛生推進員 工程の安全衛生健康施策の審議・協議
取引業者 安全協力会会議(九州事業所) 年3回 取引業者代表者、SUMCO(顧問、設備技術部) 事業所内の災害防止に関する協議

労働安全衛生活動

SUMCOグループでは、労働安全衛生マネジメントシステム(OSHMS)を導入し、ISO45001認証を中心とした外部認証機関の認証を取得し、完全無災害を目標として活動を展開しています。
このシステムは、事業者が従業員の協力のもとに「計画-実施-評価-改善(PDCA)」という一連の過程を定めて、継続的な安全衛生管理を自主的に行うことにより、職場の労働災害の防止を図るとともに、従業員の健康増進および快適な職場環境の形成の促進を図り、職場における安全衛生水準の向上を実現することを目的とした安全衛生管理の仕組みとなっています。また、定期的な安全意識調査を実施することにより、従業員の安全意識を定量化し、労働安全衛生マネジメントシステムへ反映し、安全意識向上の取り組みを行っています。

労働安全衛生マネジメントシステム認証取得状況

この表は横にスクロールしてご覧いただけます。

区分 事業所
合計数
認証取得
事業所数
認証取得率
(%)
備考
グループ
(国内・海外)
12 10 83% -
グループ
(国内)
9 8 89%
  • ISO45001認証取得:7事業所
  • JISHA方式適格OSHMS認証取得:1事業所 ※1
    (2021年8月ISO45001認証審査受審予定)
  • 2022年にISO45001認証審査受審予定:1事業所
グループ
(海外)
3 2 67%
  • ISO45001認証取得:1事業所
  • SMK3認証取得:1事業所 ※2
  • ※1JISHA方式適格OSHMS認証は中央労働災害防止協会による認証
  • ※2インドネシア国家規格(OHSAS18001相当)による認証

主な労働災害・交通事故防止活動

SUMCOグループでは、労働安全衛生マネジメントシステムに従って、毎年全事業所に対してシステム監査(内部監査)を実施しています。また、自主的な安全衛生活動の促進による労働災害の防止を図るとともに、健康増進および快適な職場環境の形成の促進を図ることで、安全管理レベルの維持・向上に努めています。
また、職場で作業者が潜在的な危険を感じたときにはヒヤリ・ハット事例の報告を義務付けており、この事例報告やリスクアセスメントを通して各職場のリスク要因を抽出・特定し、危険度に応じたリスク対策を行い、リスクを低減することで災害の未然防止を図っています。これらのリスク情報やその対策は、全社の安全防災会議、各事業所の職場安全衛生推進員による安全交流会、各事業所の安全衛生委員会などの実施を通してSUMCOグループ全体で共有されています。
さらに、事業所毎に行う安全巡視や、安全防災部門や労働組合、産業医の定期的な安全衛生巡視により、職場における安全衛生管理状況の点検と指導を行うことで、より高い安全衛生水準の実現を目指しています。

安全衛生に関する教育・訓練活動

SUMCOグループでは、労働災害や交通事故の防止を目指して、従業員教育や訓練に力を入れています。安全衛生に関するものでは、階層別の安全衛生教育はもちろん、小集団安全ミーティングや危険予知トレーニング(KYT)の実施、社内で制作した薬傷防止DVDやその他安全に関するDVD視聴教育を実施しています。また、全事業所に「安全道場」を設置し、危険擬似体験による危険感受性向上を通じて従業員の安全意識を高めるとともに、いざという場合の対処法も併せて学ぶことで、災害の未然防止および被害の低減を図っています。
交通事故の防止も重要な課題であり、SUMCOグループでは、交通事故防止教育を行うとともに、交通事故防止に関するDVD視聴、交通事故動画KYTの実施や、ドライブレコーダーによる運転診断・指導を通じて、交通事故の防止に努めています。

主な教育・訓練

この表は横にスクロールしてご覧いただけます。

区分 教育名 対象者 頻度 教育者
法定教育 雇入れ時教育 新入社員 月1回 全社・事業所安全衛生事務局
安全管理者選任時研修 総括安全衛生管理者新規選任者
部・課安全衛生管理者新任者
選任時 外部講師
職長教育 ユニットリーダー新任者 年1回
各種特別教育、各種免許講習、技能訓練等 該当作業従事者
該当作業主任者
該当作業
従事時
各種能力向上教育 資格取得後5年経過者 年1回 社内有資格者又は外部講師
グループ
教育
グループリーダー
安全教育
グループリーダー新任者 年1回 全社安全衛生事務局
内部監査員養成研修 内部監査員新任者 都度 外部講師
内部監査員能力向上教育 内部監査員全員 年1回 全社安全衛生事務局
リスクアセスメント等
安全教育
職場安全衛生推進員 年1回 外部講師
OSHMS自覚教育
(eラーニング)
全従業員 年1回 全社安全衛生事務局企画
交通事故防止教育
(eラーニング)
全従業員 年1回 全社安全衛生事務局企画
安否確認訓練 全従業員 年4回 安否確認システム使用
総合防災訓練 従業員・請負業者 年1回 事業所安全事務局
夜間避難訓練 交替勤務者 年1回 事業所安全事務局

写真写真安全道場による危険疑似体験(挟まれ・巻き込まれ)

写真写真安全道場による危険体験(高圧水・水圧)

労働災害の発生状況

休業災害度数率の推移(国内SUMCOグループ)

災害度数率の推移(国内SUMCOグループ)災害度数率の推移(国内SUMCOグループ)

  • 休業災害度数率=労災死傷者数(休業)÷延べ労働時間
    ×1,000,000

SUMCOグループは、労働災害ゼロの達成を目指して、これまで行ってきた諸活動のレベルアップを図るとともに、新たに、ISO45001認証取得による労働安全衛生マネジメントシステムの整備・強化や安全意識調査結果を元にした安全意識向上活動などを行い、安全・健康・快適で適正な職場環境づくりに取り組んでいます。
グループ・請負業者における2017年~2020年の死亡災害件数は0件でした。

労働安全衛生データ

この表は横にスクロールしてご覧いただけます。

指標 対象 単位 2017年 2018年 2019年 2020年
休業災害件数 グループ
(国内・海外)
3 2 2 3
請負業者 0 0 0 0
(休業+不休業)
災害件数
グループ
(国内・海外)
21 18 17 17
請負業者 0 0 0 0
職業性疾病件数 グループ
(国内・海外)
0 0 1 0
請負業者 0 0 0 0
休業災害度数率 グループ
(国内・海外)
- 0.18 0.12 0.18 0.17
請負業者 - 0.00 0.00 0.00 0.00
(休業+不休業)
災害度数率
グループ
(国内・海外)
- 1.28 1.06 1.01 0.98
請負業者 - 0.00 0.00 0.00 0.00
職業性災害度数率
(OIFR)
グループ
(国内・海外)
- 0.00 0.00 0.06 0.00
請負業者 - 0.00 0.00 0.00 0.00
  • 腰痛(災害性腰痛)
  • 休業災害度数率=労災死傷者数(休業)÷延べ労働時間×1,000,000
  • (休業+不休業)災害度数率=労災死傷者数(休業+不休業)÷延べ労働時間×1,000,000
  • 職業性災害度数率=労災死傷者数(職業性災害)÷延べ労働時間×1,000,000

交通安全活動への参加

写真写真早めのライト点灯運動

当社九州事業所では、白石地区安全運転管理者協議会の一員として、地域の小中学校を中心とした「カーブミラー清掃活動(3月)」および薄暮時の早めのライト点灯を呼びかける「早めのライト点灯運動(11月)」に毎年参加し、交通安全運動を実施しています。
SUMCOテクノロジー株式会社では、野田市南部工場連絡協議会の会長として、工業団地内の交通安全環境の整備と工場事業所周辺の環境美化活動を展開しています。

労働・安全衛生・防災 表彰歴等(過去5年)
年月 項目 対象
2016年3月 総務省消防庁消防団協力事業所に認定 株式会社SUMCO九州事業所(伊万里)
2016年6月 厚生労働省 無災害記録証 第2種(1050万時間) SUMCO TECHXIV株式会社 長崎工場
2016年10月 優秀安全運転事業所 銅賞 SUMCO TECHXIV株式会社 宮崎工場
2017年10月 山形労働局長表彰 奨励賞 株式会社SUMCO 米沢工場
2017年10月 宮崎防火管理等協議会 感謝状 SUMCO TECHXIV株式会社 宮崎工場
2017年12月 日本赤十字社 功労感謝状(献血) 株式会社SUMCO 千歳工場
2018年6月 全国危険物安全協会 危険物安全大会表彰 SUMCOテクノロジー株式会社
2018年9月 宮崎県警察本部 安全運転管理モデル事業所表彰 SUMCO TECHXIV株式会社 宮崎工場
2018年10月 日本赤十字社 銀色有功章 SUMCOテクノロジー株式会社
2019年2月 厚生労働省 無災害記録 第3種(1580万時間) 株式会社SUMCO九州事業所(佐賀)
2019年9月 交通安全優良事業所表彰 SUMTECサービス株式会社 宮崎事業所
2019年10月 厚生労働省 無災害記録 第1種(750万時間) 株式会社SUMCO九州事業所(久原)
2020年10月 北海道労働局長表彰(安全衛生優良賞) 株式会社SUMCO 千歳工場
2020年11月 日本赤十字社 感謝状(献血) 株式会社SUMCO 九州事業所

健康への取り組み

SUMCOグループの健康に関する考え方

SUMCOグループでは、「従業員の安全と健康がすべてに優先する」との理念のもと、明るく活き活きと働きがいのある職場づくりを目指し、「SUMCOグループ健康宣言」を社内外に発表し、健康増進活動の各取組みを健康投資として戦略的に推進しています。

SUMCOグループ健康宣言

SUMCOグループは、従業員の健康を重要な経営資源の一つととらえ、個人の自発的な健康増進活動に対する支援と、組織的な取り組みの積極的な推進により、全員が活き活きと仕事をする企業グループを目指します。

健康推進体制

健康に関する会議体
健康に関する会議体健康に関する会議体

定期的に全社健康委員会、健康推進会議を開催し、各拠点における活動状況や健康指標(KPI)の達成度など共有化したうえで、新たな施策の企画や改善活動に反映しています。これらの改善推進のためには専門家の知見が重要であるため、人事労政部健康推進課には統括産業医を中心に、SUMCOグループ各事業所の産業医、専門保健師・看護師(常勤11名、非常勤2名)の専門職を配置し、当社グループ従業員の個別保健指導や面談、禁煙指導の実施のほか、ストレスチェックによる職場環境改善活動やメンタルヘルス研修などを行い、健康経営を推進しています。

健康経営の取り組み

当社では、従業員の一人ひとりの健康のために、各種施策を全社横断的・計画的に推進しています。従業員の健康に対する取り組みが評価され、SUMCOグループは、2019年以降3年連続で経済産業省と日本健康会議が選定する「健康経営優良法人2021 ホワイト500」の認定を受けています。

当社の健康管理の課題

当社では健康管理の課題として、「1. メンタルヘルス」、「2. 禁煙」、「3. 生活習慣病」 の3つに着目し、目標値を定めて中長期計画を作成し、活動を行っています。

1. メンタルヘルス

当社では従業員のメンタルヘルスを良好に保つことが、高い顧客要求に応え、生産性が高く、活き活きと仕事をするための職場環境の整備に繋がるものと考え、メンタルヘルス不調の一次予防の一環として、2003年より、労働安全衛生マネジメントシステム(OSHMS)の中で職場環境改善活動を運用し、評価を行っています。
また、職場環境改善については職場単位のストレス調査結果をもとに従業員1人ひとりが職場内で職場環境改善に向けた意見を出し合い、取組み項目を決定し活動しており、良好事例は、グッドプラクティス事例集として社内HPに掲示しています。

主な取組み項目
  • メンタルヘルス研修(階層別研修、e-learning)、カウンセラー等への相談体制
  • ストレス調査に基づく職場環境改善活動
活動結果
活動結果1. ストレス調査結果による職場環境改善

総合健康リスクとERI調整後総合健康リスク

  • ※1総合健康リスクはストレス調査から仕事のストレス判定図を使用し算出
  • ※2ERI総合健康リスクは総合健康リスクと努力報酬比不均衡モデルを使用し算出
活動結果2. ストレス調査結果による職場環境改善(グッドプラクティス)事例
良好事例1. ON・OFFのバランス賞 九州事業所(久原) 技術担当

職場のストレス調査分析結果の課題として、メンタルヘルス風土の労務管理のポイントが低く、その要因として週1回のノー残業デーが定着していないことから、ノー残業デー実施日に事前連絡と実績管理を行うように徹底したところ、ノー残業デー実施率と実施日の時間外も改善し、翌年のストレス調査分析結果の労務管理指標の部分も前年よりも6.4ポイント改善の結果となり、これまで以上にON・OFFのバランスがとれる職場環境を実現しています。

2019年度ノー残業実績

良好事例2. 仕事のしやすさ賞 九州事業所(長浜) 設備担当

総勢90名の大所帯であり、業務の特性上、外部メーカー様からの電話も多く、取り次ぎが集中すると、他の業務にも影響を及ぼすことが業務遂行上の課題となっていたため、その解決策としてダイヤルイン直通番号を導入し、各担当の名刺や外部FAX・メールの宛名にも直通ダイヤルを表記するようにした結果、1日21.5分、年間88.15時間の電話応対業務の効率化を実現しています。

電話応対状況の推移

2. 禁煙推進活動

2020年1月に当社グループ全従業員を対象とした喫煙に関するアンケートを実施し、その結果より喫煙者の喫煙頻度や回数などの傾向分析を行い、それぞれの特性や年代も踏まえた禁煙教育や個別の保健指導を展開した結果、喫煙率は2018年の46.0%に対し、2019年38.2%、2020年36.6%と徐々に減少傾向にあります。
また全国的な新型コロナウイルスの感染拡大に伴う対策として、当社グループ敷地内喫煙所の閉鎖とあわせ、自己負担なく禁煙外来治療ができるよう制度の見直しを行い、禁煙活動を推進しています。

主な取組み項目
  • 喫煙に関する全従業員アンケート結果による傾向分析
  • 上記結果に基づく禁煙教育と個別保健指導による禁煙治療利用促進
  • 職場対抗禁煙チャレンジレース
  • 新型コロナ対策として敷地内喫煙所閉鎖を実施中

3. 生活習慣病対策、その他

定期健康診断分析の結果、30歳から40歳にかけてメタボリック症候群の従業員割合が増加することから、39歳従業員全員を対象に事前に運動習慣や食事状況を調査し、管理栄養士の食事指導、外部講師による運動指導を実施し、その効果を検証し、次年度の指導改善に繋げています。
また、従業員の年齢構成の高度化に伴い、転倒やつまずき機会のリスクが増えることを想定し、福岡大学スポーツ科学部と共同で従業員の運動機能を評価し、SUMCO転倒防止体操を開発・社内展開しています。

主な取組み項目
  • 39歳健康教育
  • ウォーキング活動
  • 定期健康診断後の個別保健指導(血圧、血糖値の改善指導含む)
  • SUMCO転倒防止体操

写真写真食事指導でのごはん計量

写真写真スロージョギング

4. メンタルヘルス、禁煙、生活習慣の各課題実績と中期目標

評価項目 2018年
実績
2019年
実績
2020年
実績
中期目標値
(2025年)
ERI調整後総合健康リスク 106.0 100.0 99.0 100以下
喫煙率 40.6% 38.2% 36.6% 20.0%
メタボ従業員割合 26.3% 26.9% 28.6% 25.0%
30分以上の運動習慣割合 24.2% 25.4% 28.4% 35.0%
睡眠で休養がとれていない割合 38.9% 32.6% 31.1% 24.0%

当社健康経営の総合的な指標と各取組みの戦略マップへの展開

当社では健康経営に取組むことで、メンタルヘルス、禁煙、生活習慣病の3つを中心とした課題解決だけではなく、これらの課題と相関性の高い、不健康や疾病による生産性低下の機会を防ぐことが、疾病リスクの低下や医療費の抑制に繋がり、従業員が活き活きとした(仕事への思い入れ、仕事の満足度、働きがいなどのエンゲージメントの高い)人材の確保に繋がると考えております。そのため、これらの状況を可視化するため総合的な指標を数値化し、各取組みを健康投資として戦略的に体系立てて成果を得られるよう戦略マップへ展開することで、毎年の評価を実施し、以降の必要な対策に繋げています。

総合的な指標

  • 生産性低下の指標:プレゼンティーズム(健康・体調面不具合の出勤時生産性下)、アブセンティーズム(健康・体調面不具合の欠勤)
  • 活き活き度の指標:ワークエンゲイジメント(仕事に対するポジティブな心理状態)、働きがい・仕事満足度
SUMCO健康経営戦略マップ概要

SUMCO健康経営戦略マップ概要

活動結果

活動結果1. プレゼンティーズムとアブセンティーズム(従業員アンケート調査より)

活動結果1. プレゼンティーズムとアブセンティーズム(従業員アンケート調査より)活動結果1. プレゼンティーズムとアブセンティーズム(従業員アンケート調査より)

活動結果2. ワークエンゲージメント(従業員アンケート調査より)

活動結果2. ワークエンゲージメント(従業員アンケート調査より)活動結果2. ワークエンゲージメント(従業員アンケート調査より)

  • ワークエンゲージメント:仕事に関する9項目の従業員アンケート(0~6点の7段階評価)の平均点
活動結果3. 仕事の満足度・働きがい(従業員アンケート調査より)

活動結果3. 仕事の満足度・働きがい(従業員アンケート調査より)活動結果3. 仕事の満足度・働きがい(従業員アンケート調査より)

  • ※1仕事の満足度:仕事に満足だ「満足」、「まあ満足」と回答した従業員割合
  • ※2働きがい:働きがいのある仕事だ「そうだ」、「まあそうだ」と回答した従業員割合
Voice

写真写真

統括産業医
彌冨 美奈子

SUMCO健康経営戦略マップの作成について

専門家としてSUMCO健康経営戦略マップ作成に関与し、各疾患と生産性の指標との関連性について文献検索とともに当社に蓄積されたデータを使い、各項目が戦略マップ上で繋がる妥当性を検証しました。戦略マップにより安全衛性年間計画の取り組み事項、メンタルヘルス、生活習慣病、喫煙などの従業員の健康に関する指標、さらに最終的な指標と、健康経営での課題解決につながっていくストーリーが明確になりました。健康経営の『見える化』により、従業員の方の各取り組みへの理解やコミットがさらに高まることを期待しています。

新型コロナウイルス感染症対策としての取組

SUMCOグループでは、BCP(事業継続計画)を発動し、厚生労働省の報道発表資料等の情報や日本産業衛生学会等の学術団体及び経団連のガイドラインを踏まえた当社独自のガイドラインをまとめ、それに基づく感染症対策を講じています。
主なものとしては、

  1. 体調不良者への特別休暇制度を新設
    在籍社員、派遣社員を問わず、風邪等の症状があり、体調不良の従業員には自宅待機の上、保健スタッフが体調観察を行う休暇制度を他社に先駆けて新設することで、社内での早期の感染者把握、感染拡大防止に努めています。
  2. 就業時の感染予防対策策定・実施
    1. 就業時の不織布マスク着用義務化・手当支給
      (クリーンルーム等作業の性格上、不適当なものを除く)
    2. 会議室の人数制限、換気ルール、清掃共有PC・スイッチ類などの消毒ルールの設定・徹底
    3. 休憩室・食堂(飲食を行いマスクを外す場所)にパーテーション設置、利用時間帯、着席場所の把握・管理
    4. 喫煙所の一時閉鎖
  3. WEB化の促進
    1. 全社行事・会議・研修のWEB化
      入社式、各種発表会をはじめとした全社行事、全社会議を完全WEB化すると共に、各種研修も対面方式からWEBへと切り替えました。
    2. 東京・大阪・福岡のテレワーク実施

があります。ワクチン接種が可能になった時点では、接種を奨励し、感染リスクの極小化に更に努めていくこととしています。