コンプライアンス

取り組む理由

SUMCOグループでは、法令や守るべき社会的規範を確実に遵守することは、当社が社会的責任を果たすうえで根幹をなすものであり、また当社の企業価値の持続的な向上に不可欠であると認識し、コンプライアンス活動の推進に取り組んでいます。

SUMCO行動憲章

SUMCOグループは、社会的責任を果たしつつさらに成長するための行動基準として、法令遵守のみならず広くCSR全般について従業員が守るべき規範を定めた「SUMCO行動憲章」を制定し、社内の様々な規定や遵守プログラムの上に位置する最高位の規定として位置付けています。SUMCOグループでは、この「SUMCO行動憲章」を、海外関係会社の現地従業員が理解できる言語でも作成し、社内イントラネットに常時掲示するとともに全従業員を対象に定期的に教育を行うことで、SUMCOグループ全体への浸透を図っています。
また、「SUMCO行動憲章」に基づき、コンプライアンスの最高責任者として遵法担当役員を設置しています。遵法担当役員は、各部門・関係会社の責任者を通じて「SUMCO行動憲章」の遵守状況を確認し、定期的に取締役会に報告してレビューを受けています。
さらに、法令遵守を確実なものとするため、「法主管規定」により事業遂行上関係する法令の主管部門を定め、各主管部門が法令の制定・改廃状況を継続的にモニタリングするとともに、監査部門による内部監査において、法令遵守状況の確認を行っています。
コンプライアンスに関して問題が発見された場合には、遵法担当役員の指揮のもと、関係部門が協力して直ちに問題を是正し、原因の究明・再発防止にあたります。

公正な事業活動・反腐敗

当社は、公正な事業活動の推進、および贈収賄を含む腐敗の防止の観点から、「SUMCO行動憲章」において、各種法令の遵守、不公正な取引の禁止、公務員等への不正な利益供与の禁止等包括的な腐敗行為の防止の他、インサイダー取引の防止等を明記しています。
特に公正な事業活動の推進と腐敗防止については、「利益供与等取扱規定」において、(1)違法な政治献金・寄付、(2)公務員の職務に関連した接待・贈答、(3)株主の権利行使に関する財産上の利益供与、(4)社会的常識の範囲を超えた過剰な接待や贈答など、一切の違法な利益供与および社会的常識に照らし不正・不当と認められる取引全般を禁止するとともに、寄付・賛助、交際費、慶弔費、外部団体会費、業務委託等について基準を定め、適切な決裁を経て実施することとしています。また、当社がエージェント等の仲介者を使用する場合についても、上記の行為を行わないことを求めます。
当社では、「利益供与等取扱規定」を社内イントラネットに常時掲示して当社の公正な事業活動と反腐敗に関する方針の全従業員への周知を図るとともに、「SUMCO行動憲章」の研修を通じて全従業員に周知徹底し、その遵守状況は定期的に遵法担当役員に報告されています。
なお、これまで、当社グループにおける政治献金、腐敗行為に起因する事件による罰金・和解金等の支出、および汚職に関する懲戒等の実績はありません。

内部通報制度

当社は、「内部通報規定」を策定し、法令違反行為、人権侵害・ハラスメント行為や贈賄・不公正な取引等包括的な腐敗行為といった「SUMCO行動憲章」に違反する行為を通報できる内部通報制度を導入し、従業員のみならずお取引先の皆様からの通報も受け付けています。通報者が安心して通報できるよう、社内および社外(弁護士)の内部通報窓口に加え、経営トップに直通の「目安箱」を設置し、匿名での通報を認めるとともに、通報者への報復をはじめとするあらゆる不利益取扱いを厳に禁じています。
内部通報制度の利用方法や相談先窓口については、当社グループ構内、社内イントラネットおよびサプライヤー向けサイトに常時掲示しているほか、全従業員を対象に定期的に行う「SUMCO行動憲章」の教育時に説明し周知を図っています。

輸出管理

当社は、国際的な平和および安全の維持を目的とする安全保障輸出管理を徹底するために、「SUMCO行動憲章」において輸出管理規制を遵守すべきことを明記しています。さらに「安全保障輸出管理規定」に基づいて適切な輸出管理体制を構築し、必要な審査等を確実に実施するとともに、従業員への定期的な輸出管理教育などを実施しています。

反社会的勢力との関係遮断

当社は反社会的勢力との関係を絶ち、反社会的勢力からの不当な要求に応じないことを「SUMCO行動憲章」に明記し、教育・研修を通じて、役員・従業員に周知徹底しています。

知的財産についての取り組み

SUMCOグループでは、知的財産を重視し事業の戦略的ツールとして活用するとともに、第三者の知的財産権を尊重することを基本方針としています。この基本方針のもと、知的財産の取得・維持、活用、および侵害の予防について、「SUMCO行動憲章」および「知的財産規定」に定め、従業員へ定期的な教育を行うとともに、発明の促進、出願内容の質の向上を目的とした発明者表彰制度を設ける等、知的財産の効果的な活用に向け積極的な活動を続けています。また、取得した権利については定期的な見直しを行うことで新陳代謝を図り、適正なコストの維持にも努めています。

SUMCO行動憲章の主な項目

SUMCO行動憲章では、SUMCO CSR方針のもと、幅広くCSR全般について、従業員が守るべき規範を定めています。

  • 法令、国際ルール、社会規範の遵守
    国内外の関係法令はもちろん、贈収賄の禁止や公正な事業活動の推進などについては、法令よりも厳しい基準を遵守することを定めています。
    また、RBA(Responsible Business Alliance)行動規範などの国際的なCSRに対する要請についても、行動憲章の教育時にその内容を紹介し、従業員に理解を求めています。
  • 人権の尊重、安全かつ快適・適正な職場環境の維持
    国内外の労働基準に基づき、安全衛生・健康の増進による快適で適正な職場の醸成を図っています。
    また、人権・能力・個性の尊重を図るために、国籍・人種・年齢・性別・宗教等の不当要因による差別や、種々のハラスメント行為を固く禁止しています。
  • 情報の管理・知的財産権の保護
    情報や知的財産権が企業の競争力の源泉であることに鑑み、情報の適切な保存・管理や漏洩の防止を定めるとともに、知的財産権の活用と、他者の知的財産権の侵害禁止を明記しています。
  • 環境の保護
    環境法令を遵守し、廃棄物・汚染物質の削減に努めるべき旨を定めるとともに、この方針を理解して日常的に環境保全を意識して行動するよう求めています。
  • 品質の向上
    顧客満足度の向上と製造物責任リスクの低減のため、製品やサービスの品質の維持・向上のために弛まぬ努力をすべき旨を定めています。

紛争鉱物について

タンタル、錫、金またはタングステンのいずれも、当社の製品の機能性または生産に必須ではなく、よって当社の製品は、米国の2010年成立のドッド・フランク ウォールストリート改革および消費者保護法による紛争鉱物規制の対象ではないと認識しています。